トップ > サービスCAD

1. ServiceExplorerとは?

 日本の製造業が飛躍的な成長を遂げた一つの理由は製品の設計・生産に関連する知識・技術・技能の進歩とその高度な体系化であった。 そこでは、製品設計が工学分野における学問対象としての地位を確立した ことに加え、近年では計算機の発達により設計作業を計算機上で支援するためのソフトウェア(Computer Aided Design: CAD)が産業界において普及し、製造業の高生産性に大きく寄与している。

 製品設計・生産と同様に、サービス工学ではサービスを設計・生産するための方法論を整備するとともに、Service Explorerと呼ばれるサービス設計支援システム(サービスCAD)を開発してきた。

 2004年にService Explorer ν(ニュー)(Figure 2)をリリースし、現在はService Explorer Ξ(クシー)(Figure1)の開発を継続して行っている。 CADといえば幾何学的形状の製品設計ツールをイメージするのが一般的である。しかし商品戦略は基本設計の段階までの段階でほぼ決定されてしまうため、概念設計・基本設計に対する支援の重要性はいっそう高まっている。

Service Explorerの特徴は以下の通りである。

 

概念設計ツール:

語彙表現の関係を演算対象とし、上流設計を支援

顧客分析ツール:

市場調査の結果を基に、顧客の要求を表現・要素化

デザインレビューツール:

マーケティング従事者、エンジニアが協同で利用可能

合意形成ツール:

サービスに関わるステークホルダーの情報を統合

サービス事例の収集と評価:

サービスモデルの入力とサービスの評価機能

類推に基づくサービス事例参照:

オントロジーとサービス事例を用いたアナロジー推論と仮説推論

 

Service Explorerが有する、既存サービスの改善と新たなサービス創出の支援機能によって、高い競争力を有する新しいサービスを開発する上で大きな効果を期待することができる。

 

 

 

 

 

Service Explorerの体験版はこちら